2009年09月29日

前回の・・・

前回載せた本の型紙で、母に作っていただきました。服。
IMG_1468.JPG
表紙のワンピースを作ってくれた模様犬(笑)
IMG_1469.JPG
布地は小さな花柄。首の部分は、バイアステープの代わりにフリルを付けてくれたようです。女の子らしくていいです晴れ。母、良い仕事手(チョキ)
ちなみに、サイズですが、ひまわりさん、首の部分が、ぎりぎりっぽいので、8号Lサイズにしました。7号にロングがなかったので、8号・・・。

IMG_1472.JPG
IMG_1475.JPG
IMG_1476.JPG
IMG_1478.JPG
IMG_1481.JPG
IMG_1482.JPG
IMG_1485.JPG
ということで、今回はひまわりの撮影会。う〜ん、可愛いよ、ひ〜ちゃん顔(メロメロ)
まだ暑いので、撮影だけ。涼しくなったら、着てお散歩に行こうね顔(笑)

これを見て、自分も作りたいと思われた方は・・・

この本なので。

ニックネーム アース at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

またいい本を見つけてしまいました

皆様、本日も見にきてくださって、ありがとうございます。

さて、ずいぶん久しぶりに、河川敷に行ってワンたちと触れ合ってまいりました。

今日は台風も近づいていることもあって、雨が降るかなぁ・・・なんて思っていたのですが、なんと、ワンたちと遊んでいるときだけ晴れてました。
なんてついてるんでしょう犬(笑)

そして、今日はナナちゃんが、すごく仲良くしてくれたんです。
飼い主さんいわく「ほかの人にはあまりしない」
うれしいですねぇ。好かれているんですねぇ。僕。顔(笑)

それに、じゅりちゃんに、キッスをしてもらったのじゃ。鼻にちょんって。
幸せですねぇ、僕。顔(メロメロ)


さて、今日、ワンたちが来るのを待っている間、暇つぶしに買った本なのですが、
良いんですよ、これが。
笑顔で光って輝いて

この世の物事は、それ自体に善悪や価値があるわけではなくて、起きた事に、その人の解釈や見方が影響して、それによって善悪や価値が生まれているんだよ。
だから、それ変えちゃいな。苦しくない解釈にしてしまえば、世の中生きていくのが、楽になるよねぇ。
とか、
良いように考えていると、良い事あるよぉ、
と言う内容です。

「アンテナを広げる」には激しく同意します。
物の見方は、たくさん知っていれば知っているほど、対応しやすい。

僕はえらそうにしつけについて、いろいろ言っていますが、僕はライセンスを持っているだけで、実際に自分で育てた経験があるわけでなし、多分間違いや言うべきでないことをいっていたりしていると思います。
でも、それで、皆様のしつけの見方が少しでも広がるのなら、それでいいと思って、書いています。

だから、どうぞ僕の話は「そんな見方もあるんだなぁ」という感じで見てくださいね。
で、どうぞ皆様、ご自分のやり方で、そうするべきだと思うことをなさってくださいね。

と、言い訳がましいことは、このぐらいにして、僕としては、今現在自らの能力について悩んでいる方、苦難の真っ只中の方、思春期の方に激しくお勧めします。もちろん、その他の方もね。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。
皆様にすべてのよきことがなだれのように起き、光ある幸せの道を歩めますように。

ニックネーム アース at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ぜひ読んでほしい本

本日も来ていただいて、ありがとうございます。

さて、先日、探し回っていた書籍を見つけたのですが、この本、非常に
すばらしい本でした。
で、是非皆様にも読んでいただきたいと思っています。紹介させてください。

犬は知的にしつける

ザ・カルチャークラッシュ以来の、僕の超お勧め。
文字大きめで図表も多い。読みやすく理解しやすくて、且つ重要なことがしっかりと詰まっています。

ドッグトレーナースクールのテキストとして、通用するのではないかと思います。そのぐらいクオリティの高い書籍です。

最初の50ページぐらいだけでもぜひ。日々のしつけによい影響が出ること間違いなしです。



皆様にすべてのよきことがなだれのように起き、光ある幸せの道を歩めますように。
ニックネーム アース at 10:39| Comment(4) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

お勧め本(成功法則編)

今日も見に来てくれてありがとうございます。こんかいもお勧め本紹介。こんかいは成功法則編。
成功法則と言っても、「人に好かれる、人を好きになる、人とうまくやり取りする」といった感じ。で、その結果幸せになるといった感じです。信じられる人は信じてみましょう。
興味がわいたら、各本のタイトルをクリックしてみてください。本の紹介や他の人の評価もみられます(クリック=即購入ではないので、安心してポチッとどうぞ)
お勧めする本は時々変わります。
紹介できていない本もあります。インスタントストアを作って、ここで紹介している本を中心に、もっとたくさんの本を紹介していきたいと思っています。
つくりかけですが、よろしかったらこちらものぞいてみてください。

名言セラピー
・・・

内容:人生の見方を変える名言集

感想:お勧め本の中で一番のお勧め。他の本も是非見て欲しいですが、これが一番見て欲しい本ですね。
人を好きになる物の見方、好かれる見方、人生を楽しくする見方。見る前と見た後で、「人生」の考え方が変わります。

人生を変える笑顔の作り方・・・

内容:幸せな人とは、笑顔で幸せになる理由、笑顔の作り方、感謝法、等

感想:波動の事や、感謝法は、ちょっと信じられないという人が多いでしょうね。でも、笑顔の事は、皆理解できると思います。だって、いつも笑顔の人と、いつもしかめっ面の人と、どっちと深く付き合いたいか・・・と考えると、当然、笑顔の人だと思いますから。笑顔になれば、人に好かれる。好かれれば、その人は、「あの人に何かしてあげよう」と思う。そう言う人が増えれば・・・後はわかりますね。
交流分析(心理テストの一つです)も出来ます。交流分析は、ただで出来るサイトが探せば有ると思うので、やってみるのも面白いでしょうね。

斎藤一人15分間ハッピーラッキー・・・

内容:斎藤一人さんの幸せ法則

感想:つや、天国言葉を言うと幸せになるとは。殆どの人が「にわかには信じられない」と思うはず。
でも、なんで幸せになるのか・・・とよく考えると、納得できる人もいるはず。どうやら、言葉にはかなり強い力があるようです。興味がある人は見てみましょう。
ちなみに斎藤一人さんは、皆様、ご存知でしょうか?累積納税額日本一のおじ様です。
地球が天国になる話・・・

内容:地球が天国になるためのお話

感想:皆がこうしてくれれば、地球は天国のようになるでしょう・・・と言うお話。皆が人にこう接すれば、子どもにこう接してくれたら、こう言う考えをもってくれればいいなぁ・・というお話を斎藤一人さんが書いてます。CDもついています。そのCDの斎藤一人さんの声にものすごい情熱を感じます。受け入れられる人は受け入れましょう。

原因と結果の法則・・・

内容:これは、「成功法則」としかいえないなぁ・・・。

感想:1世紀以上前からある、もっともポピュラーな成功法則の本。「自分のした事が、全て帰って来るんですよ。」と言う本です。「自分という人格も、周りで起こることも、回りに集まる人も、みんな、原因があってこうなってます」って言うわけです。
う〜ん、こうとしか言えないなぁ。気になる人は本屋で探してみましょう。薄くて、1ページに書いてある事も少ないので、立ち読みでも、読みきれますよ。これも、信じられる人は信じましょう。

人を動かす・・・

内容:人を動かす原則、人に好かれる原則、人を説得する原則、人を変える原則、等

感想:皆様は、嫌いな人に何かしてあげようと思いますか?信用できない人の話を聞き入れようと思いますか?・・・NOですよね。
この本は人に好かれる方法、人に話を聞いてもらう方法、それを受けいれてもらう方法が書いてあります。
営業職や啓発がお仕事の人にはもちろんお勧め。また、他の人も人間関係を良好に保つのに役立つでしょう。
ちなみに、出版社さんのホームページで、さわりだけ聞けるはず。
http://www.sogensha.co.jp/page/d/tk/carnegie_cd/car_cd_hito.html
興味のある方は聞いてみてください。

幸せ成功力を日増しに高めるEQノート・・・

内容:幸せになるのに邪魔な思い込みとそれを外す方法

感想:幸せに向かっていく事にブレーキをかける「人の思い込み(固定観念)」を外して幸せになりましょう・・・と言う本。人生大変だと思うことのほとんどは思い込みだ!という本です。目からウロコって感じです(僕は)
ニックネーム アース at 07:04| Comment(0) | TrackBack(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

お勧め本(犬関係編)

先日に引き続き、お勧め本の感想。こんかいは犬関係の本。興味がわいたら、各本のタイトルをクリックしてみてください。本の紹介や他の人の評価もみられます(クリック=即購入ではないので、安心してポチッとどうぞ)
お勧め本はときどき変わります。
紹介できていない本もあります。インスタントストアを作って、ここで紹介している本を中心に、もっとたくさんの本を紹介していきたいと思っています。
つくりかけですが、よろしかったらこちらものぞいてみてください。
個人的に、飼い主さんにあったらいいなと思うものは
1理論・原理(どうしてそうなるのか)
2見方・考え方(どう捉えるか)
3楽しむこと(一番重要!)
だと思っているので、これを得られるんじゃないかなぁ・・・なんて思うものを紹介しています。


しぐさでわかる愛犬の医学・・・

内容:症状と予想される病気、代表的な犬種のかかりやすい病気、健康管理法、病気(名前、特徴、原因、治療法など)、老化のサイン等

感想:病気については「おかしい」と思ったら獣医さんに行けば良いので、飼い主側としては、深く知らなくても良いような事ですね(簡単に知っておくことは、それに越した事は無いです)。ただ、健康チェック法や管理法などは参考になるかと。獣医さんが書いているだけあって、結構くわしいです。イラストがたくさんあり、かつ、読みやすいレイアウト。一度読んでみてください。

うまくやるための強化の原理・・・

内容:行動分析学の中の「強化」と「消去」について

感想:前にも紹介しましたね、これは。実例入りで、かなり解りやすく書いてあると思います。ほかの行動学の本よりも、肩肘張らずに読めると思います。
動物の行動は、どんなときに「強化」(もっとやろう!と思うこと)されるのか、あるいは「消去」(もうしないでおこうと思う事)されるのか。世間一般に良くやられている「罰によるしつけ」は本当に効果があるのか・・・と言う事に興味のある方へ。
(「罰によるしつけ」は効果が薄いと言われています。理由は・・・読んでみてください)
ちなみに著者のカレン・プライヤはクリッカートレーニングを開発した人です

ダンバー博士のしつけがうまくいくちょっとした本・・・

内容:ご褒美を使ったトレーニングの利点、ご褒美トレーニングのやり方、社会化の方法、等
感想:この本も前に紹介しましたね。
http://earthrocky.a-thera.jp/article/186410.html
難しい言葉などは殆どなく、写真入りで解りやすい本です。
これを読めば、ダンバー先生の基本的な考え方がわかると思います。
ダンバー先生の書籍は、考え方、捉えかたに焦点が合っているので、とてもいい勉強になりますよ。

ダンバー博士の子イヌを飼う前に飼ったあとに・・・

内容:犬を飼う前に知っておきたいこと、心構え、整えるべき環境、そろえておきたい物(以上、飼う前に)すぐにやりたい事、やり方(飼った後に)、等

感想:こう言う本はあまりないですね。最低限、身に付けておきたい知識や有るといい道具が書いてあり、いい本だと思います。他の人もこう言う本、書いてくれないかなぁ。そうしたら、いくつかの本を見比べるうちに、必要な知識を、飼う前に、だいたい身につけて、しっかり飼える飼い主さんも増えると思うんですよね。

そうしたら、捨てられたり、虐待されたりする子も減ってくると思います。(飼ってない僕が言うのも説得力ないかもしれませんが)
まあ、それは置いておいて、この本は、今から犬を飼おうと思う人にお勧め。

ダンバー博士のイヌの行動問題としつけ・・・

内容:タイトル通り、行動問題と矯正法

感想:これを読めば、行動矯正のひとつの例およびヒント、ポイントなどがわかると思います。行動問題の矯正は、原因から、イヌの性格、家庭環境など様々な事が、その子によって、それぞれ、ばらばらなので、これで直る・・・と一概には言えないです。考え方の一つと考えてください。

ザ・カルチャークラッシュ・・・

内容:学習理論と行動分析学に基づいたしつけの方法

感想:内容的にはとっても良いです。一番のお勧め。犬に対する誤解と学習に対する誤解を解く意味でも、是非、読んで欲しい。僕がトレーナーの学校に通っていたときに、先生から強く勧められた一冊です。

「犬とはどんな生き物なのか」から、「学習理論を用いたしつけ」まで、詳しく書いてあります。動物行動学と学習の原理を勉強すると、こんなことができるんだよ・・・という内容。非常に広いことがわかるでしょう。
最後のほうには、基本的指示の練習法と、レベルアップの手順が書いてあります。
表現もユニークです。イヌへの負担が少ないやり方だと思います。「うまくやるための強化の原理」とセットで読むと、わかりやすいと思います。

愛犬のための手作り健康食・・・

内容:ドッグフードのメリット・デメリット、手作り食の作り方、ドッグフードから手作りへの移行方法、使える食材、等

感想:当方、別に「ドッグフードは駄目」と言うつもりはないですので、その点は悪しからず。
ただ、飼い主さんの「不安」は、犬に大きな影響を与えると思うので、飼い主さんがドッグフードを不安に思っているのなら、あるいは、市販のドッグフードが体質的に合わないと言う子の飼い主さんは、手作りも選択肢の一つとしてどうですか?と言う内容。
食材の効能についても書かれているので、人の健康管理にも役立つでしょう

くんくんゲーム・・・

内容:セント・トレーニングの魅力とやり方

感想:セント・トレーニング。災害救助犬や警察犬がやってるあれです、犯人や要救助者を見つけ出すやつ。と、いっても、別に仕事させようと言っているわけではなく、それを通じて、飼い主とコミュニケーションを図ってみたり、基本的な指示をより上手に出来るようになってみては?と言う内容。(つまり役に立つ遊びの一つにしてはどうかというもの)
楽しむのは、非常に大切です。とっても楽しく出来そうな気がしますが、どうでしょう。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%E9%80%B1%E6%9C%AB%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9/dp/4938396874/ref=sr_1_6/250-3017417-9759424?ie=UTF8&s=books&qid=1173679426&sr=1-6・・・

内容:基本的な指示の教え方、散歩(リードの扱い方、マナー等)、問題行動の矯正、等

感想:結構基本的なことを書いてます。ボディーランゲージとか。また、教え方なども、「大切な事」として、ポイントを箇条書きにしてあるので、わかりやすいと思います。しつけ道具の使い方もちょっとだけ書いてますね。

犬のしつけきちんとブック「留守番上手になる」編「吠えグセ解消」編)(「トイレ上手になる」編)・・・

内容:タイトルの通りです

感想:ファントレーニング。とっても楽しいしつけ方法です。
一読の価値アリです。
もちろん、一種のハウツー本なので、どの子にも使えるわけではないかと思いますが、考え方はぜひ取り入れてほしいと思っています。
この手の本は、理論(どうしてそうなるのか? どんな原理で、どういう効果があってできるのか)を、一つ一つのやり方で、きちっと踏まえた上で、やってみる。イレギュラーがあれば、どこをどう変えれば当初目的とした効果が得られるか。と考えると、飼い主さんのレベルアップ、しつけの成功につながるかと思います。
ニックネーム アース at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

お勧め本(その他編)

サイドバーのお勧め本の感想を書いてみたいと思います。興味がわいたら、是非、本のタイトルをクリックしてみてくださいね顔(笑)。この記事の各本のタイトルをクリックすると、本の紹介や他の人の評価もみられます

まだ17歳だけど、人生って楽しいと思う・・・
著者さんは、腎臓と下半身に障害のある人。そんな人の、どんな事にも負けない前向きさを書いた本・・・かと思いきや、落ち込む、悩む、挫折を味わう。とっても人間くさい顔(汗)。当たり前の事ですが、普通の人です。そんな普通の人な著者の、今まで生きてきた中で感じた事を書いた本。この人、バイクで爆走するなど、何でもやってます。

こう言う本を読むと、「ひょとして、俺って何でも出来るんちゃう顔(笑)?」と思いますね。
母親の言葉もいいです。「お母さんが楽しいのは、だいきが楽しい時」「歩ける子がいいだなんて、思ったことないよ。だいきはだいきなんだから、だいきがいいの」(他にもあります)
こんなこと言われたら、僕は泣くなぁ・・・顔(泣)

おしえてもっと、美しい音を・・・

感想:著者と聴導犬「美音」のお話。聴導犬と過ごすありのままの日常顔(笑)・・・と言う感じ。こう言う本をたくさんの人が読んで、聴導犬や、その他の補助犬に対する理解が深まればいいなぁ顔(笑)

まっすぐにいこう・・・

感想:実は少女漫画です。これ。友人に薦められて読んでみると、これがまた、いい本なんです顔(イヒヒ)。とっても心の綺麗な登場人物たちと、妙に世間擦れした雑種犬のマメタロウ、天然犬(笑)な紀州犬のはなこちゃんなど、出て来るキャラの個性もとても良い。

お話も、哲学的なお話、いいお話、たくさんのお話があります。心が洗われるようです顔(メロメロ)。名言も有ります。その上、笑える。(はなこちゃんのピントのずれた会話が顔(イヒヒ)。マメタロウは雑種である事を異常に気にしてるし・・・)

「お空はね、毎日違うの。はなこ、お空は毎日同じだと思っていたけど、お空の色は毎日違うの、雲の形は、毎日違うの、昨日と今日は同じじゃないの、だから、明日も同じじゃないの」と言う言葉が、心に残っています。(天然なはなこちゃんは、ときどき、こんな様な、いいことを言うんです)

ベルナのしっぽ・・・

感想:知ってる人が多い本ですよね。上の「教えてもっと、美しい音を」と同じような、盲導犬との日常を書いた本です。盲導犬との暮らし、子育て等、苦悩がありつつも、楽しい内容です。
実は、著者にあって、お話もしてきたんですよね・・・。普通のおばちゃんでした。そして、話し上手で、よく笑う方でしたね。

ねえ、マリモ・・・

感想:「いぬのえいが」を見た人は、ご存知ですよね。子供向けのイメージがある”絵本”ですが、テーマは「ペットロス」。そう言う意味で、子供向けではないですね。経験した事のある方は共感できると思います。経験した事の無い人は「こんな気持ちになるんだ」と思って見て下さい。

ワンちゃんが、こう思ってくれていたらいいなぁ・・・と思える本ですね。特に僕は、アース(犬)のことがあるから・・・顔(え〜ん)。(アース(犬)と僕のことについて、わからない方は「うちの子2」http://earthrocky.a-thera.jp/article/219220.htmlを見てね)

働く犬たち・・・

感想:色々なお仕事をしている犬の事が書いてあります。警察犬から、災害救助犬、シロアリ探知、地雷探知、ペット探偵、てんかん予知、俳優、そり犬、密輸の監視など。

「こんな仕事してる犬もいるんだぁ・・・顔(笑)」なんて。興味深々。いい話も、わくわくする話も、ちょっと悲しい話もあります。

飼うか飼われるか・・

感想:とにかく笑えます。エピソードは、皆様のおうちでも、ありそうなこと。でも、著者はそれを面白い漫画にしています。
個人的にお気に入りのエピソードは、足上げおしっこをしようとして、転んで、おなかの上におしっこかけちゃった子犬ちゃんと、
実家に預けたらすっかり別人(?)のようになって帰ってきたウサギの話。

アニマルコミュニケーター・・・

内容:動物達とコミュニケートできる作者の、コミュニケートする感覚、思い、やり方などを書いた本。コミュニケートした動物達のことも書いてあります。
大変、楽しそうなお話です。

本を読むのが10倍早くなる速読のスキル・・・

感想:速読の仕方が幅広く書いてある本。こう言うと、「私には無理」と思う方もたくさん居られるはず。でも、この本に書いてある方法は、小難しい技術は不要のやり方もあります。情報をたくさん仕入れなきゃならない人、お役に立つと思いますよ。

5分間集中力トレーニング・・・

感想:この本は、人が持っている集中力を存分に発揮する方法について書かれています。集中する為のリラックス、雑念を払う方法、集中力を養う生活習慣・・・。
「なるほど、こんな方法もあるんだー」と言うのが正直な感想。
自分がなぜ集中できていないのか、よく判ります。

好きになる免疫学・・・

感想:病原菌に対して、体はどう反応するのか、うちの子に注射しているワクチンは、何なのかなど、免疫と病気予防についての事がかかれています。
はっきり行って簡単。絵を見ているだけで本の大まかな内容は理解できます。
その分、あまり細かな事はかかれていませんが・・・。
初めての人にはいいと思います。
ニックネーム アース at 07:45| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

本の紹介

06-02-16_04-17.jpg久々に写真。近所のなつちゃん。
「おやつをくれなきゃ、お前を狩って食う!」みたいな感じに見えます。(笑)
これ、プロフィールに使おうかな・・・。


さて、今回は本の紹介を。
「うまくやるための強化の原理」カレン・プライア著 河嶋孝 杉山尚子訳 二瓶社


この本は、トレーナーになりたい方へ。学習の原理について深く理解したい方へ。
書かれている内容は、学問なので、やはりちょっと、とっつきにくいところが有りますが、だいぶわかりやすく書かれていると思います。また、犬、イルカ馬等のトレーニングや、人の日常生活を題材に書かれているので、トレーナーになりたい方には、実例が上げてあるという点で、使いやすいでしょうね。

楽しい本ではなく、あくまでお勉強の本です。
ニックネーム アース at 06:56| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

ちょっといい本

さて、今日はちょっといい本を。これからも、読んで「いいなぁ」と思ったものをちょこちょこと紹介していこうと思っています。(イヌのしつけ以外でも)
「イヌのしつけがうまくくいくちょっとした本」イアン・ダンバー著、橋根理恵訳、レッドハート株式会社



簡単に言ってしまうと、ルアー(おやつやおもちゃなどのごほうびと考えて大丈夫です)を使ったトレーニングのメリット、やり方やコツなどが書いてある本です。(写真たっぷりで読みやすく、わかりやすいと個人的には思います)
もちろん、やり方はいろいろありますが、ルアーを使った基本的な動作(おすわり、ふせ、まて、おいで、つけ等)の教え方が、ある程度理解できるかと思います。問題行動の矯正についても、最後の方にちょっと書いてあります。
ご興味のある方はどうぞ。本屋等で見つけたら、立ち読みでもしてみてください。
ちなみに、この本、「ダンバー博士の”ほめる”ドッグトレーニング」と言うビデオに対応した本です。(DVDもあり)こちらも、ご興味のある方はどうぞ。
ニックネーム アース at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする